おもな観測項目

水位 降雨 温度 湿度 土壌水分 地表面変動 濁度 樹木幹回り生長
センサー出力1~5Vの電圧出力、 または4~20mAの電流出力である汎用測定器も接続可能

SESAMEⅡ-02dの特長

水位観測の決定版!
これまで培ってきた経験と実績を活かし、確かな技術と信頼性の高いソリューションを提供します。

測る

  • 太陽電池パネル+バッテリーで、電源設備等の整っていない場所でも容易に設置・施工ができます。
  • 気象センサーや水位センサーなど多様なセンサーを組み合わせたカスタマイズが可能です。

伝える

  • ロガー内蔵のSDカードに記録した後、携帯電話回線を用いてクラウドサーバーにデータを伝送します。
  • 測定間隔は最長1時間まで1分単位で、伝送間隔は10分~最長24時間まで設定可能です。
  • すべての項目について、設定値の上限・下限を超えた場合に警報メールを送信する設定が可能です。

活かす

  • サーバーのデータは専用のウェブサイトからインターネット経由で閲覧できます。(マルチデバイス対応)
  • 面倒なサーバー管理や携帯電話回線に関する手続きを毎月定額でカバーします。(利用期間のみ課金)

警報システムのしくみ

水位データと警報メール仕様

2段階の閾値を設定でき、豪雨などで水位が上昇した時は自動的にメール通知水位が下降し、危険な状態を脱した時にも再度通知します。

設置場所・目的例

北海道 河川河口樋門

河川樋門

洪水・冠水・浸水対策

2段階の 「危険閾値」 が設定可能。
設定閾値に達すると自動的にメールが送信される仕組みになっています。
また、機械で数値を明確に知らせることで、昨今の熟練者不足によるヒューマンエラーも防ぐことができます。

用水路

洪水・冠水・浸水対策 / 農業被害防止

2段階の 「危険閾値」 が設定可能。 設定閾値に達すると自動的にメールが送信される仕組みになっています。
また、自動でお知らせすることにより、「様子を見に行って足を滑らせる」といった事故を防ぐことができます。

 

ため池

洪水・冠水・浸水対策 / 農業被害防止

2段階の 「危険閾値」 が設定可能。 設定閾値に達すると自動的にメールが送信される仕組みになっています。
本システムでは複数の設置場所を地図上で一元管理するオプションもあります。
現在深刻な問題となっている 老朽化したため池の管理 も一括して行い、ため池の決壊を未然に防ぐことができます。

水田

高温障害・冷害対策 / 農業被害防止

下限・上限合わせて、2段階の 「危険閾値」 が設定可能。
下限設定閾値または上限設定閾値に達すると、メールが自動送信される仕組みになっております。
また、各水田への配水量を計測し把握することで、近隣農家との水に関するトラブルも防ぐことができます。

アンダーパス・地下歩行空間など

冠水・浸水対策 / ヒューマンエラーの防止

2段階の 「危険閾値」 が設定可能。 設定閾値に達すると自動的にメールが送信される仕組みになっています。
オプションとして、現場にカメラをつけ画像取得も行うことで、通報が混線した場合も係員が直接目で確認し、対処することが可能です。
左図のように、Googleマップを用いたグラフィカルなシステムもご提供可能です(別途アプリケーションの構築が必要)

気候変動対策

海外ジャングル奥地など

環境問題対策 / 学術的データ収集

2段階の 「危険閾値」 が設定可能。
設定閾値に達すると自動的にメールが送信される仕組みになっています。
交通費や人件費・時間などの都合で容易に行けない場所でも、設置するだけで自分の手元のパソコン(デスクトップ/ノート)・タブレットPC(iPad/Android)・スマートフォン(iPhone/Android)・ガラパゴス携帯(メール通知のみ)で確認することが可能になります。
現在、インドネシア国カリマンタン島のジャングル奥地泥炭地にて地下水位と降雨量を計測し、1時間に1回日本へ送信中です(泥炭地火災などにより、世界第三位CO2排出国であるインドネシアのCO2削減のため)

 

技術仕様

一般仕様

品名 フィールドデータ伝送装置
型式 SESAMEⅡ-02d
記録媒体 メモリーカードおよび内部メモリー 1M
通信方式 GSM/GPRS,3G(WCDMA)
測定項目 4~20mA入力: 1点(水位)
0~2V 入力  : 1点(地盤変動計、土壌水分計等)
温度             : 2点 (抵抗測定も可能)
パルス入力  : 1点(雨量用)
パルス出力  :  2点
アンテナ  外部アンテナ
使用環境 -20~50℃
電源 7.2V 2000mA NiH 充電池
ソーラーパネル 3~10W
外部電源利用可能(DC12V)

 

センサー仕様

水位 半導体圧力ゲージ式(背圧補正式)
測定範囲 0~5m 0~10m 0~20m
測定精度 0.1% FS
ケーブル長 要指定
その他 電極式、超音波式
温度 サーミスタ式
測定範囲 -40~90℃
測定分解能 0.2℃
測定確度 1℃
抵抗 測定範囲 0~20KΩ
測定分解能 0.1KΩ
電圧 測定範囲 0~2V
測定分解能 5mV
パルス 雨量用(スローパルス MAX 1Hz)

 

電源仕様

外部電源 DC9~12V(MAX16V)
ピーク 500mA
ソーラー電源 3~10W ソーラーパネル
Ni-MH電池パック、ディープサイクルバッテリー
消費電力 1サンプルあたり 約0.04mAh(標準センサー)、0.12mAh(4~20センサー)
1送信あたり約1.6mAh