2月21日の日本経済新聞で「SESAME(セサミ)」をベトナム政府系機関に大規模納入、農業生産性向上に活用する取組について紹介されました。

「みどり工学研、水位監視システム ベトナムに納入 」日本経済新聞 電子版

日本経済新聞(2019年2月21日付)(北海道・東北地域ニュース)にて、ベトナム国立水利研究所(VAWR)に今春「SESAME(セサミ)」約30台を納入、灌漑(かんがい)用水を管理してコメの収穫量向上に生かす取組が紹介されました。

記事内では、海外農業開発コンサルタンツ協会(ADCA)と連携し、遠隔監視で農業の生産性向上に活用する他、インドネシアなどの設置実績、今後の国内での事業拡大など国内外でSESAMEの用途が注目されていることをご紹介いただいております。