導入国 計測データ/利用目的
インドネシア国 PJTⅡ(ジャサティルタⅡ公社)管轄のジャティフールダム及び流域河川 50カ所の水位、雨量、水質のフィールドデータを自動計測し、データ収集の効率化を図る。
BPPT(科学評価応用庁)の活動として、インドネシアの7州に熱帯泥炭地の地下水位、土壌水分データを計測・収集し気候変動の影響を調査。
BRG(泥炭地復興庁)による事業の一環として、熱帯泥炭地の地下水位、、土壌水分(雨量)をモニタリングし、地下水位の低下による火災発生リスクとCO2排出量を評価。 泥炭地のホットスポットなど約40カ所に設置。
ランプン州の農業用幹線水路の7地点の水位(雨量)を測定し流量を算出する水管理システムを構築。
タイ国 バンプラ湖のダムとその流入河川 7カ所の水位(雨量)を計測・モニタリングして、流量を算出し現地の水管理システムとして利用を図る。
ベトナム国 ゲアン州ヴィン市郊外のポンプ場と用水路の分水工各々に4台の水位計を設置、用水管理の効率化を図る。
ザンビア国 環境汚染(鉱山につながる河川の濁度、pHなどを測定する機器として納入)