導入実績 計測データ/利用目的
地方自治体
(市町村)
中小河川の水災害対策として、水位、雨量を監視、地域住民にデータを公開し、注意を喚起。
地方自治体
(県)
ダムに貯められた水の濁度、pHなどの水質をモニタリングし、環境に配慮したダム運営に利用。
高速道路関連会社 道路に積もった雪の量(積雪深)を計測、モニタリングして、通行、除雪管理に利用。
土地改良区 農業用水路の水位を計測して取水量管理に利用、
カメラを付属して、水災害対策ともなっている。
大学 気候変動や開発による熱帯泥炭地の火災発生、CO2排出の環境問題解決のため、現地で地下水位、土壌水分、雨量を自動計測、伝送して国内でデータ収集し研究。
デンドロメータで樹木周囲測定し、生長状態から炭酸ガス吸収量を算定。
山岳地帯などの気象データ(気温、風力、風向、雨量など)を収集。
研究機関 泥炭地の地下水位、地盤変位、雨量を測定し、その相関を研究。
畑地、水田などの耕作地の土壌水分、地温などのデータを計測・分析。
農水局 
土地改良調査管理事務所
取水量測定自動化事業に利用。
各種団体 野生生物の生態をカメラで観察。
民間企業 太陽パネル式LED街灯試験データ収集
国土交通省流砂量観測施設データロガー
パイプライン通水試験用圧力転送
風力・風向・温度計
河川水位観測(河川工事)
水位観測、試験観測など