気象計測システム

水田付近の気象観測を行っています

 

背景

アメダスに代表されるテレメトリーによるデータ収集は正確にメンテナンスされ運用されていますが、設置場所はほぼ20㎞ごとに1ヶ所で、近年のゲリラ豪雨に象徴されるように、異常気象による局地的な気象状況を把握することが困難になっています。そこでデータが必要とされる場所での観測が重要になりました。

 

課題

簡単かつ正確な気象情報をコンパクトな形、また太陽電池にて動作し、かつリアルタイムに安価にデータ取得できる装置が必要になりました。設置も容易でコンパクトであることが求められました。

 

結果

世界で信頼を得ているWXT530シリーズというコンパクトかつ正確な総合気象センサーを使用することで簡単に設置、多地点データを集められるようになりました。また、10分毎の観測が可能となりました。

 

設置写真

各写真をクリックすると拡大します。