農業IoTシステム

農業用各種センサーを取り付け、
土壌水分・温湿度・地温・雨量・静止画などを取得し、
水田や畑の状況を監視し、生育管理を行います。

水田に設置した水位計と気象観測装置

水田に設置した水位計と気象観測装置

背景

農業の生産性向上や生産物の質を上げるためにはIoTを活用することが求められています。

課題

農場のように広い面積の中で必要な場所にセンサーを設置し、データを集積、管理するのは非常に労力と費用がかかります。

結果

多量のデータをクラウドサーバーに集めて、サーバーで処理し、WEBアプリで結果をスマホで見ることができるようになりました。農作業の途中でも気になるデータを見ることができるようになりました。また、サーバーに蓄積されこのデータ群をAIで解析することにより、将来の営農に役立つ情報が得られることが期待できます。
 
 

設置写真

各写真をクリックすると拡大します。